若さ維持の秘訣

若さを保つ5つの重要な習慣

(2)運動・スポーツ

→ 有酸素運動・エアロ 一週間7に3日以上は汗をかく日を設定・スポーツジムに通うスポーツ

運動・スポ-ツだけが【若さ維持の秘訣】のすべてではありませんが、
もっとも欠かすことが出来ないのは運動・スポ-ツであることは周知の事実です。

総ての方ではありませんが、
オフィスワ-カ-・現役のビジネスマン大抵の人が
「時間がない!」・「忙しい!」・「来週やるよ!」と
いう口実述べて先送りされています。
いきなり過激な運動を想定するのでついつい先送りとなる訳です。
当然ですが「今日からやるから」と勢い込み突如ハ-ドな運動始めたとしたら身体はびっくり、体内にはフリ-ラジカル(活性酸素)が大量に発生 !!にもかかわらず、それを削除する酵素は元気がない。。これではせっかくの健活の身体もボロボロ。若返るどころか老化がすすんでもおかしくはありませんね~いきなり無理せず、ハ-ドにやらないことでフリ-ラジカルの害を最小限に抑えられます。また無理する・無理しないに限らず運動するなら抗酸化物質を積極的に摂取するべきです、ビタミンC・E・ベ-タ-カロチン・コエンザイムQ10・などの抗酸化物質。それぞれ身体のレベルに応じたプログラムを組むことです。 段階としては大きく3ツに分けてステップアップしましょう。


(1)歩く、階段を活用 

まずは初期のプログラムから始めます。
エレベ-タ-・エスカレ-タ-はすこしづつでも階段に切り替えることです。
足腰に直接負担をかける運動⇔肥満の方の場合体を痛める原因になりますので、
自転車こぎや、水中歩行は重い体重を直接支えずにすむので お勧めします。
また、器具を使用した室内運動も良いでしょう。 座ったままや、寝転がって足を上げるのも運動です。
体調が悪い日や、関節が痛い日に、 「毎日やるのだ!」と、無理にやる必要はありません。休んでもかまわないので、継続しましょう。



(2)軽く走る、少し汗ばむ程度 

有酸素運動の代表は「軽く走る」です、消費されるエネルギーは脂肪です。
有酸素運動は酸素を必要とする為、呼吸が大切ですが過激な運動は無酸素運動となり酸素が毒性となり、フリ-ラジカル(活性酸素)発生の原因となります。
また息がゼイゼイするほど強い運動だと酸素を
体内に十分取り込みにくいので、体脂肪の燃える効率は 下がります。
息が弾み軽く汗ばむ程度の運動が適当です。 また運動を始めると、まず血液中の脂肪から燃焼し、
20分程立ってから皮下脂肪や内臓脂肪が燃え始めます。 ですから少なくとも20分以上は運動を続けましょう。 このような運動を一週間に三回以上継続して行うと、 体脂肪が順調に燃焼していきます。

汗をかいたらフリ-ラジカル対策が必要なのですが、ビタミンC や野菜ジュ-ス・美活【ワカサエイド】に含まれる抗酸化物質を摂取することで若返り対策と、よくある筋肉痛対策にも役立つことが解明されてます。しかし清涼スポーツドリンク・精力剤ドリンクは 飲みやすくする為、加糖されている種類があるので、極力ご自身で調整されるべきと思います。



(3)スポ-ツ、運動、好きな競技に参加

有酸素運動ではほかに、陸上競技・水中運動・ サイクリングなどがあります。
有酸素運動はダイエットに効果がありますが、 そればかりではありません。
血液中の脂肪を燃焼させるので、血液がサラサラになります、血液循環もスム-ズに収液率があがり、インポテンツ解決に 役経つでしょう。 そのため高脂血症や善玉コレステロールの増加にも効果があります。 また、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病やストレス解消にも有効です。
しかし運動したあとひどい息切れやむくみ、 不整脈、胸痛が出たときは一旦中止し医師に相談しましょう。高血圧や狭心症の人は早朝からの運動するのは避け、 起床して一時間以上たってから、 準備運動を十分に行って運動してください。 循環器系の病気を持っている人は、 運動の具体的な程度をコントロ-ルしてからはじめましょう。

激しい運動をした方が早くやせるように勘違いしがちですが、 激しい運動よりも軽い運動の方が有酸素運動を効率的に行い、 同じ時間で脂肪燃焼量が多くなり精力剤的にも効果あります。 無酸素運動は脈拍が1分間に110~120を越えます。 重量挙げ、懸垂(けんすい)、腕立て伏せ、短距離全力疾走などは、酸素を取り込まないので 「無酸素運動」と呼ばれます。

有酸素運動の目標は具体的な例として、 万歩計をつけ1日1万歩、歩くこととなります、現代人のライフスタイルでは、消費するエネルギーよりも、 食べるエネルギーが約300kcal(キロカロリー)位多いと され、300kcalを消費しようとすると約1万歩になります。ひざなどに障害がある人ではプールでの 水中歩行や自転車こぎなどの運動を行うようにしましょう。 途中で運動が途切れるため、 脂肪が燃焼されにくいことが欠点なのはゴルフです。

有酸素運動としての効果を求めるのなら、プレー前に 20分ほどウオーミングアップをすると良いでしょう。 そうすると歩行やスイングが一時的に止まっても、 筋肉の温度が完全に下がることがないので脂肪がより燃焼されやすくなります。

有酸素(的)運動として呼吸、特に精力・循環器系機能に 関係し、勃起力を向上させるための酸素を多く取り入れる運動とそのプログラムの総称として、 エアロビクス(AEROBICS)といいます。12分間走テストと呼ばれる体力測定から 精力区分を行い、それぞれの区分に応じた運動プログラムを 組みインポテンツなど、性的障害をも解決しましょう。

有酸素運動もエアロビクスにしましても「継続する事」です。
人体もくるまと同じです、 酸化して、劣化が始まります。 定期的にエンジンを蒸かしましょう。無理にやる必要はありません。 休んでもかまいません。 しかし忘れてならないのは『継続』です。

大切なのは身体にあう運動を見つけ、 ウェイトサイクリング(リバウンド)を繰り返さない為にも、続けていくことで筋肉をつけることが最も大切です。ですから筋肉をつける為には若返り運動・有酸素運動・健活運動・美活運動はなんでも構いません、スポ-ツジムでマシ-ン使用もビリ-ス・ブ-トキャンプでも、ベンダルでも水泳・ジョギング・ウォ-キング総て大丈夫です、筋肉を創るためにはアミノ酸が必要ですから普段の食事で良質のたんぱく質を摂っているのは当然でしょうが、サプリメントでアミノ酸を摂る方法もベストです。サプリメント自信【ワカサエイド】  なども大いに筋肉の材料を補給しますので役立つはずです。

また脂肪を燃焼することも運動効果・若返り活動のひとつですが、それをサポ-トするのがカルニチン・カプサイシン・ビタミンB群・あるいはコ-ヒ-などに含まれるカフェインといった成分です、運動の前にこれらの成分を摂っておけば運動中の脂肪燃焼効果が高まるというデ-タ-があります。ただしくれぐれも大切なのは、これらの成分は、運動を組み合わせることで初めて効果があるものの、運動をせずしてそれだけ摂取しても殆どは意味はありません。たとえばトウガラシを沢山とれば痩せられるという、トウガラシ・ダイエットなるものが流行した時がありました、これはトウガラシに含まれるカプサイシンの効果を狙ったものなのでしょうが、実際にやせられた人はどれくらいいたのかは疑問に残りました。ほとんご効果がなかったとのデ-タ-も出ました、単独で摂取しても効果が得られなかったのが実証されました、その為にオ-ダ-メ-ド組合せ食品の強壮滋養【ワカサエイド】が企画開発されたわけです。

>>(1)バランスある食生活
>>(3)性を嗜好する
>>(4)タバコは止める
>>(5)睡眠を充分とる
>>次のページへ「健康食品の必要性」
>>サプリメントについて知りたいたい方へ「サプリメントの知識」
>>サプリメントの種類をご覧になりたい方へ「サプリメントの一覧」
このページのトップへ
管理用