バランスある食生活若返りの秘訣

若さを保つ5つの重要な習慣

(1)バランスある食生活

→ 呑む・食べるは腹七分目
バランスある食生活
◆抗酸化物質の摂取は種類を多く◆

「粗食さえしていれば痩せられる」という考え方から、
本当に粗末で高カロリ-粗食ばかりしている若い人たちがいます。、
朝食抜きで七分目と勘違いされている方々がかなり多いです。
「粗食」と一口に言っても、
たとえばインスタントラーメン・安価なジャンクフ-ド
ファストフ-ド・スナック菓子を「粗食」と勘違いしている方々も
いますが、 私達日本人は食べ物というものをコマーシャル化、
ファッション化してしまっています。
少し食べ物に対して傲慢になっているのではないでしょうか?
もっと謙虚な気持ちにかえって、
『必要なだけのエネルギーを感謝していただく』という意味での粗食こそ、 
実は今の日本人がもっとも大切にしなければならない事です。


●大切な食要法8ヶ条●

(1)未精製のご飯を食べる 。
(2)菓子パンを控えるようにしましょう。
(3)スタミナ飲料は、控えるようにしましょう 。
(4)醗酵食品を常食する 。
(5)副食は季節の野菜を中心に採りましょう。
(6)砂糖、油脂の摂りすぎに注意を怠らないで 。
(7)動物性食品は控え、魚介類を中心に食べましょう。
(8)抗酸化物質(活性酸素を無力化する)を多く含んだ野菜・果物を摂取。


健康志向が強い人の中には、「ヘルシーだから」と、 豆腐や青背の魚、ごまなどを             あえて選んでせっせと 食べ過ぎて太ってしまう人がいるようです。
食品にもよりますが栄養素は僅か3%以内で、
95%~97%前後は、便として対外に排出されます。 なんとも皮肉な現象です。
どんなおかずにもゴマをふりかけている人、
毎日食前にお豆腐1丁食べる人、 オリーブ油をお味噌汁や煮物にひたす方、
結局1日に必要なカロリーを大幅に超えているようです。
たとえばお魚でも、天然ものと養殖ものがあります、価格の関係で養殖ものを選ぶことがあるかもしれません、しかし味のことを考慮しますと天然ものに人気あります。
しかし味はさておき、身体に良いのはどちらかと言うと必ずしも天然物に軍配が上がるとは限りません。
養殖ものは元気に育つように計画的に配合されたエサを与えられているので抗酸化作用を持つ元気になる成分は大方は人間の身体にも有益なわけです。

それでは、あえて「どちらが一体、身体に有益なのか?」となる疑問に対しては「これこそ一番」というものはありません、抗酸化物質にはそれぞれ持ち場があり、また互いに助け合って相乗効果を生み出すものも少なくありません。したがって抗酸化物質は出来るだけたくさんの種類を、まんべんなく採ることが大切なんです、その意味で抗酸化物質をたくさん含まれている緑黄色野菜などを中心に、バランス良い食事を採ることが必要になるわけです。

たとえばお酒を飲むなら白ワインより抗酸化物質を多く含む赤ワインを選ぶと良いのですが、そうかと言って赤ワインばかり飲んでもあまり意味がありません、これまで緑茶を飲むのが習慣だった人が「緑茶をやめて赤ワインに変えるわ~」。。。これも又同様に意味がありません、抗酸化物質は多くの種類を同時に摂取することが基本です。この基本はサプリメントでもなんら変わりません、少量多品種を飲むことをお勧めします、例えばよくあるサプリメント利用説明書に「摂取の目安は一日5粒」と記入欄に見かけることが多いと思いますが同じ一種類を続けて飲むよりは5種類バランスよく1粒づつ飲むほうが良いわけです、更に『 自分にとってはなにがバランスよいのか?』を【ワカサエイド】一覧表より研究しながらご予算にあわして補いましょう。http://www.wakasa-aid.com/index.php/list/  数多くある抗酸化物質ですが、生活環境や食習慣によっては、ひとりひとり、足りている成分、不足している成分が違います。なにが不足しているかを「アンチエイジングドッグ」などで調べた上で不足分を補うようにすればアンチエイジング対策は充分です、でもよく分からないと思われる方も多いので例えばげんき健康系であれば自信【ワカサエイド】美的活動系であれば、美活【ワカサエイド】という5種類包みの定番品が常時提供してますので、ほとんどのご要望栄養成分は補充できるとは思います。

弊社が開発している【ワカサエイド】は貴重な栄養サプリメントをバランス良くオ-ダ-メイドすることで不足している栄養成分を補足しながら一ヶ月分づつ健康食品として皆さまにお届けしているわけです。

>>(2)運動・スポーツ
>>(3)性を嗜好する
>>(4)タバコは止める
>>(5)睡眠を充分とる
>>次のページへ「健康食品の必要性」
>>サプリメントについて知りたいたい方へ「サプリメントの知識」
>>サプリメントの種類をご覧になりたい方へ「サプリメントの一覧」
このページのトップへ
管理用