.jpg昨年2012の健康食品市場は、摂取の利便性が注目され活況が続きました。
食品市場全体を見ると取り巻く情勢も厳しいものがありましたが、消費者の購買意欲の不透明さが目立った年でありました。しかし、個別に市場成長を見てみるとイージアップサプリのように堅調に推移しているものもあって、その1つがコラーゲン含有食品です。原料サプライヤーの新規参入も相次ぎ、市場はますます最高潮に達している。
昨夏の総需要量は原料ベースで約4,000t(主流の豚皮および魚に由来するコラーゲン原料の国内流通量、内訳は豚皮製品が約2,500t、魚製品が約1,500t)、末端商品の売上げ金額は250億円強。今年は4,000tを超えると予測され、その健康食品市場の急成長を大きく支えているのが美容食品およびドリンク開発であります。
美容効果を突き止める機能性研究が進展し、また、用途開発の幅が拡がったことも市場成長を助長している。
このように美容を切り口に市場を拡げてきた【ワカサエイド】コラーゲンでありますが、多彩な商品が市場を賑わしている要素の1つが“コラーゲンプラスアルファ”の図式というわけです。その配合において、コラーゲンに次ぐ美容素材として定着したのがコエンザイムQ10とヒアルロン酸。両製品はそれぞれ独立した市場を築くまでに成長している。

ホーム > 美的【ワカサエイド】

-1.jpg-1.jpg310-4.jpgE-1.jpg-1.jpg 

ヒアルロン酸 すっぽんコラーゲン コエンザイムQ10 ビタミンE ローヤルゼリ

目的:キレイを維持したい/記憶力を保持したい/今より若々しくなりたい!食べたいけど肥えたくない / デトックス、解毒効果を促進したい!

組み合わせ内容

(1)ヒアルロン酸(コラーゲンペプチド)(2)すっぽん(赤まむし・イラブ海蛇・トナカイ角・ナルコユリ・ムイラプアマ・マカ末)(3)コエンザイムQ10(4)ビタミンE(5)ローヤルゼリー

.gif

 美的【ワカサエイド】の各種栄養素材の説明

.jpg【ヒアルロン酸】-1.jpg
身体の中で大切な働きをしています。
【利用・目的】美的ヒアルロン酸は美容目的で利用され、シワ・たるみの予防・皮膚の美肌・もちもち肌を支援し「若返る」サプリメントとして女性に注目されている成分。ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在して、保水クッションのような役割で細胞を守り、更に、最近の研究では細胞が壊された時や強い炎症が起こった時に細胞を修復し美的活動機能があると言われています。ヒアルロン酸が多く含まれて皮膚の水分も十分に保持、表面も潤っている訳です。ヒアルロン酸が減少して水分が減ると、肌張りなく皮膚の表面が乾燥してきます。短期間では効果が期待できず美活・美肌には継続的な利用が好ましいです。
【メカニズム】
関節液、関節軟骨などに含まれ、潤滑作用(骨と骨の間の滑りをよくする)や緩衝作用(クッションとしての役割)など、関節の動きを良くする働きをしています。硝子体に多く含まれ、緩衝作用や組織形状の維持(目の形の維持)をしています。
【科学的根拠】
ひとは30歳代以降から少なくなり始め40歳代になると急に減り皮膚の粘弾度も低下することが研究デ-タ-に出てます。ヒアルロン酸を用いている眼科手術補助剤は、白内障手術や全層角膜移植術に使用されています。ヒアルロン酸の持つ粘弾性により傷つきやすい細胞を保護すると共に、手術する空間を広げることを目的に使われています。
【効率的な補給】
若いときはこのヒアルロン酸が体にたくさんあるためにはりのあるお肌などを保つことができるのですが、加齢とともに体内からヒアルロン酸がどんどん減少していくためにお肌の老化や間接の痛みなどが起こるのです。ヒアルロン酸は40歳くらいからどんどん減少して意気老化を実感することになります。特に間接のヒアルロン酸の減少は歩行などの運動能力の低下につながるためにきちんとヒアルロン酸を補給しておきたいものですしかしヒアルロン酸を十分に補給するためには食品だけでは非常に効率が悪いのです。そのために【ワカサエイド】サプリメントヒアルロン酸の補給を行うと非常に効率よく老化による弊害をなくすことができるのです。

.jpg【すっぽんコラーゲン】1.jpg
栄養素の宝庫「すっぽん」!
タンパク質はきわめて良質で、必須アミノ酸も含め全種のアミノ酸を含有しています。すっぽん丸ごとを栄養を損なうことなく精製処理し、元気成分の宝庫で更にパントテン酸Caを配合。男性のみならず女性の味方となるいろいろな効果が知られており、【ワカサエイド】すっぽんを愛食する女性が増えてきています。女性のお肌やホルモンバランスなどに関係するコラーゲンがたっぷり入っていることや、アミノ酸やビタミンなどの豊富な栄養素を美味しく食べられることが人気ある要素です。

 

食べる基礎化粧品とも言われる“すっぽん”
すっぽんには吸収率の高いコラーゲンがたっぷり含まれています。更に肌荒れ・シミ・ソバカスから肌を守るビタミンB2・ビタミンCも豊富に含まれているため、すっぽんは『食べる基礎化粧品』とも言われます。またすっぽんには必須アミノ酸をはじめ、筋肉内で燃焼エネルギーとなるバリンやコラーゲンを体内に吸収させるプロリンなど多くのアミノ酸もたっぷり含有し、肌の皮下組織の70%は、コラーゲンで出来ています。人の骨や皮膚、軟骨や血管は、実に40%がコラーゲンなのです。しかしながら体内でコラーゲンを作る力は、20歳をピークに衰えていきます。40代では1/2に、60代では1/3に減少し、シミやシワ、関節痛の原因となります。さらに、現代人の生活ストレスはコラーゲン不足を引き起こします。コラーゲンは、肌の細胞と細胞の間にあるスポンジです。『ワカサエイド』で美味しくコラーゲンを補充し、抜きん出た「げんき健康」を維持して下さい。

.jpg

さらに、含有栄養素は●赤まむし●イラブ海蛇●トナカイ角●ナルコユリ●ムイラプアマ●L-シトルリン●亜鉛などが含まれてます。

●赤まむし=古代から日本ではその肉を乾燥させたり黒焼きにして、栄養食材とされてきた元気の赤まむしの肝ごと乾燥粉末化し粒状にしました。本品はそのまむしを飲みやすい粒状に加工してます、微生物に対する抗菌作用および鎮痒作用のあるサリチル酸と、患部・創面の収れん・乾燥・防腐作用のある次硝酸ビスマスを主剤とし、これらの成分が皮膚に浸透するのを助ける赤まむしも配合タイプの「ワカサエイド」強壮滋養剤です。

イラブ海蛇=栄養成分の宝庫沖縄では「イラブー料理」と称して、古くからイラブ海蛇の薫製や煮たり焼いたりした物を滋養強壮の健康食にしてきました。秦の始皇帝が探し求めた不老長寿の食品こそ沖縄の「イラブ」であったとの説があります。DHA・EPA・ビタミンDが豊富な本品は、良質なイラブ海蛇を原料に厳選した無添加の健康補助食品です。健康づくりに欠かせないカルシウムや体内では合成されない必須アミノ酸9種を含む天然のアミノ酸成分が豊富です。イラブの味はかつお節に似ていて他の栄養素とも飲み易く錠剤加工しています。

トナカイ角=鹿(しか)の角は漢方では鹿茸(ろくじょう)と呼ばれて強精、貧血に効く生薬として人気があります。ただ非常に高価なため、鹿茸にかわるものとして研究の対象となったのが、トナカイの角です。 実はその主要成分を鹿茸と比べてみたところ、両者のペプチドアミノ酸組成は非常に類似していますが、含有量はトナカイ角の方が20%ほど多いことが判明しました。 ED(勃起不全)で悩む人への臨床実験(愛媛大学医学部)により、トナカイ角が勃起の改善に効果のあることが確認されています。その主要成分であるアミノ酸の作用に起因するものと考えられています。

ナルコユリ=黄精(おうせい)は強壮薬として病後の衰弱者や慢性病・リューマチ・痛風などの体の弱っている場合に用いますがナルコユリの茎葉も同様に滋養強壮に用いることができます。 ナルコユリ酒:根茎(こんけい)200グラムに「ワカサエイド」すっぽん同量で若返り滋養強壮、体力増強には貴重な存在です。

ムイラプアマ=アマゾン熱帯雨林とブラジル北部原産の高さ5m程の低木で、『性機能を増強する木』として知られています。南米のハーブ医療では、互換的に利用されていますが、ルペオール(植物由来の有効成分)が多く含有されているので、ムイラプアマには利用できない部位がなく、アマゾンでのムイラプアマ利用の歴史は古く、またその用途は多岐に渡っています。アマゾンの支流リオネグロ川沿いの先住民部族では、ムイラプアマの若木の根と茎を強壮剤として、神経筋肉の不調の治療に用いてます。根の煎じ茶を風呂に入れたり、マッサージに利用し、麻痺や脚気の治療に用いています。また、根と樹皮から作るお茶は経口摂取し、薄弱な性的能力、リューマチ流感、心臓や胃腸機能衰弱の治療に用いられています。また、ハゲの予防薬としても重宝されています。ブラジル産ハーブの中でもムイラプアマは媚薬として、或は強力な性的興奮剤として高く評価されています。1950年代以来、ムイラプアマはブラジル薬局方に登録されていて、神経筋肉の強壮剤としての応用範囲は広く、消化不良、生理障害、慢性リューマチ(局所的に)、性的インポテンツ、流感、手足の運動失調症、中枢神経障害、無力症、麻痺があります。http://www.amazon-herb.com/herb/plant_muira.html

L-シトルリン=1930年に、日本の研究者がスイカの果汁から発見したアミノ酸になります。厚生労働省から「一般に食品として飲食に供される物であって添加物として使用されるもの」として各都道府県に通知され、事実上食用利用として解禁されたスイカの学名です、L-シトルリンの効果についてシトルリンには、NO【一酸化窒素】を作り出したり、増やす働きがあります。それに血管を広げ、血流量を増やす働きがあります。これらのことから、シトルリンを摂取すると、全身の血流がよくなるということになります。血流がよくなることで、女性には、冷え性の予防や改善 や むくみの防止、肩こりの改善やダイエットなどの効能が期待できます。男性には、精力増強の効果などが期待されています。その要因としてシトルリンの効果により、血管が広がり、血流量が増え、結果的に海綿体が充血しやすくなり、増大するとのことです。L-シトルリンの待される効能血流改善による、冷え性の予防 や むくみの防止効果 血流増加における、精力強 や 肩こりの改善効果 成長ホルモンの分泌促進による、筋肉増強や血流改善作用やむくみ改善などの効果が期待できるということは周知の事実ですが実際に摂取しようとすると食品で摂取するのは大変です。そこでおすすめするのが、L-シトルリンをサプリメントとして摂取する法です。http://www.e-expo.net/contents/special/citrulline/

【コラ-ゲン】
【効果・効能】もち肌効果・皮膚の解毒効果・目の水晶体保持・変形性関節症の予防と改善。骨粗しょう症の予防と改良。
【メカニズム】
人体を構成する全タンパク質のうち、約30%はコラ-ゲンで出来ています。人間の身体は、約60兆個以上の細胞から成り立っていますが、これらの細胞の髪の毛、爪、血管、内臓など、細胞同士がつながってできているのです。細胞と細胞の間には、約70%の真皮(表皮の下の皮膚を生成する部分)がコラ-ゲンです。またコラ-ゲンは身体の中で、その他のさまざまな役割を果たしています。皮膚コラ-ゲンは、お肌みずみずしくハリを与え酸素や栄養を供給していますひざやひじといった関節などに存在する軟骨のコラ-ゲンは、さながらクッションの役割をして体重を支えてる部位の負担を軽減しています。また、血管のコラ-ゲンは血管をしなやかに保ち、臓器にあるコラ-ゲンはそれぞれの臓器が円滑に働くように役立っているのです。また老廃物を取り除き解毒作用をくり返してシミ・しわ・などを防ぐ働きをします。カルシウムの沈着を助け目の水晶体・角膜などサポ-トします。
【摂取方法】
大事なのはコラ-ゲンとビタミンE同時に摂取でないと意味がありません。タミンEは生体内における各種の物質代謝に関していますが最も重要な作用はコラ-ゲンの生成と保持なのです。ビタミンE不足するとコラ-ゲンの生成と保持ができず、身体中の血管がこわれ出血性の傷害が各器官に起こる、いわゆる「懐血病」になります。これは研究デ-タ-では明らかにされています。効果を高めるためにビタミンEを同包してます併用して下さい。

.jpg【コエンザイムQ10】310-4.jpg
世界的にサプリメントとしての人気は高く、また最近では健康ドリンクなどにも配合されることが多い(CoQ10)。医薬品では心臓病の治療薬として長く利用されてきましたがサプリメントとしはアンチエイジング作用が一番知られています、このコエンザイムQ(CoQ10)は、今話題の抗酸化作用(細胞を活性酸素から守る)があるといわれ、細胞を若々しく保つためのサプリとしてアメリカでも大人気ですエネルギーの源(ATP)産生を活発にするコエンザムQ101957年にアメリカで発見されました。その後、世界で初めての製造法を確立した(大量生産する技術)のは、発見したアメリカではなく、1967年に日清製粉株式会社(現:日清ファルマ)なのです。http://www.coenzymeq-jp.com/coq.html事からだけでコエンザイムQ10を十分に補うことは困難です.サプリメントで補うのが常識的です.欧米では一日100-300mgのコエンザムQ10が摂取されています.

 水に溶けないコエンザイムQ10は,油に溶けやすい素材なので,油分を含んだ食事直後に摂取することが大切です.空腹時では十分に吸収されず効果が半減してしまいます.体内吸収力は個人差が大きく,6倍くらいあります.50mgで十分な人もいますが,300mgでも足りないという人もいます.効果を十分に体感できないときは摂取量を少しづつ増やして見て下さい。

活性酸素の撃退なかでも代表的なのが活性酸素の攻撃を防ぐことである活性酸素とはエネルギー状態が高まった酸素のことで、活性酸素が増えすぎると、細胞を酸化させ、いわゆる体にサビができた状態にしてしまう。紫外線対策になる=ビタミンEとともに紫外線による肌へのダメージを防ぐ働きがある。コエンザイムQ10が紫外線による悪影響を防ぐメカニズムが数多く生化学学会で発表されている。

免疫力への認識免疫力UPの働きがある。人間の体は免疫システムに守られている。体内にウイルスや病原菌などが侵入すると、免疫システムは体に害をもたらす異物と認識し、体内に侵入した細菌やウイルス、ガン細胞を攻撃し、体を正常に保とうとする。ダイエットにも更新あり細胞を活性化する働きがあるが、その働きはダイエットにも有効である。ダイエットサプリメントには脂肪を燃焼させる成分を配合している。

冷え性対策=冷え性にも効果的である。冷え性は手足の末端部分に血液が行かなくなってい血行不良が原因である。血行不良を引き起こすのは毛細血管の収縮や低血圧、自律神経の乱れなが原因であるがこのほか、血管の収縮に必要な筋肉が少ないということも挙げられる。日常の疲れにも論理的加齢によっコエンザイムQ10が減少するとATPの生産力が減少し、各器官の働きも低下するということになる。

艶潤細胞を元気にするため、当然、肌にもよい効果がある。そのため、美容に効く成分としても注目されている。女性が気にするシワやシミ・くすみなどの肌のトラブルは、体内で作り出された活性酸素と呼ばれる物質が、細胞を酸化させるために起こるものであると言われている。激しい運動のケア=日頃からスポーツをしたり、身体を鍛えている人なら、体力の維持・向上には関心がある。コエンザイムQ10はエネルギー生産を活発にすることで筋力アップや、疲労回復などに効果を発揮すると考えられている。

しわの解消美容面でのメリット、特に肌への効果は目を見張るものがある。「コエンザイムQ10はシワを浅くする」という研究結果が報告されたのである。低血圧対策=コエンザイムQ10は低血圧にも効果的でるという報告がある。肌に潤い=肌に含まれているコエンザイムQ10は意外なほど少ない。もともと少ないところに加えて加齢によって減少するためシワやシミができ更潤を失ってしまう。

体内での合成は20歳頃をピークに減少しだし、40歳前後に不足状態になります。コエンザイムQ10は、1957年ウィスコンシン大学のF.L.クレーン教授によって発見され、1958年 カール フォルカーズ博士がコエンザイムQ10 の化学構造を解明。1978年 ミトコンドリアのエネルギー変換におけるコエンザイムQ10 の役割について研究した生化学者ピーター ミッチェルノーベル賞を受賞しています。

.jpg【 ビタミンE 】.jpg
強力な抗酸化作用を持つことで若返り支援「ワカサエイド」や美容の栄養素ともいわれる。活性酸素は人間の体を酸化させることで、「しみ」や「しわ」などの原因となります。切ったリンを置いておくと茶色に変色するのもこの酸化が原因です。ガン対策にはそのつど発表あり抗酸化力がある成分として知られています。活性酸素は色々な病気の原因にもなっていて、「がん」や「動脈硬化」などの生活習慣病はその代表例ともいえます。約50年前頃から過激な運動を繰り返す世界のトップアスリートにはビタミンEは重要視されていました。ビタミンEサプリメントを所持してメキシコオリンピックに行こうとする選手に対して、日本オリンピック協会はこれを認めました。ビタミンEの認識は、健康に色々と良い影響があるようです。「ワカサエイド」Eしみやしわを減らして美肌に更新があるだけでなく、更年期障害を軽くしたり、不妊や流産のリスクを減らしたり、あるいは全身の血行を良くする兆候がありますhttp://www.mit-japan.com/ndl/vitamin/vitamin-e.htm

ビタミンE摂取が向いているタイプ
☆冷え性の方
☆更年期障害
☆がんの予防を心がけている方
☆心疾患・脳卒中を予防を心がけている方方
☆「しみ」や「しわ」など気になる方

健康に役立つ解説。
肌のしみ・しわ予防=ビタミンEやβ-カロテンには紫外線により発生した活性酸素を除去する要因があるこれらの活躍により無色メラミンの働きを助けます。また、細胞の老化を防ぎ、若さを保つ要因あります。動脈硬化を予防=自律神経に働きかけ、血管の収縮を促す神経伝達物質の生成を抑え、毛細血管の拡張をはかり、善玉コレステロールを増加させることにより、動脈硬化の予防に役立ちます。

更年期障害を軽減=ビタミンEはもともと、不妊に効果のある物質として発見された経緯があるほど、女性ホルモンに関係しています。女性ホルモンの分泌の激減が原因の更年期障害などにも、女性ホルモンの分泌を助けることで、症状の予防・改善の兆候が得られます。血液の流れをよくし血行をよくします=悪玉コレステロールの酸化を抑制し血小板の粘着を防ぎます。これにより、血液をもサラサラにします。その結果、頭痛や肩こり、冷え性などの血行不良による症状の緩和が期待できます。

活性酸素の除去=ビタミンA・C・Eは代表的な抗酸化栄養素で、心筋梗塞、脳卒中、ガン、など生活習慣病を誘発するとされる活性酸素を除去する認識があります。ビタミンA・Cと一緒に摂取するとより効能を高めます。貧血の予防=抗酸化作用で活性酸素から不飽和脂肪酸を守り、赤血球の破壊、減少を防ぐことが出来ます。(貧血の方は、鉄分とたんぱく質、ビタミンCをバランスよく摂取するとより効果的です。)

生殖機能の維持=副腎や卵巣などに高濃度で含まれており、直接男性ホルモンや女性ホルモンなどの代謝にも関わっています。十分に摂取することで不妊に効能があると言われています。安全性が実証ずみ=大阪医科大学 医学部 玉井浩教授主催 ビタミンEの啓発「プラスEプロジェクト」始動これまでにビタミンEが原因による過剰症は報告されていません。常識の範囲で摂取する限りは、安全なビタミンです。これは、ビタミンEが特定の臓器にのみ蓄積されず全身に分布し、体内に留まるだけでなく皮脂と一緒に分泌されているため、過剰症がないためと考えられています。(ただし、他のビタミン同様、許容上限摂取量は設定されています。)

..jpg【ロ-ヤルゼリ-】.jpg
更年期障害や老化防止を更新する”神秘の栄養食品”
ロ-ヤルゼリ-は、 ミツバチの若い働き蜂が豊富な自然の中で咲き誇る花の花粉や花密を食べ、体内で合成し、 分解し、 咽頭部から分泌されるクリーム状の物質です。王乳とも呼ばれ、約2000~30000匹の蜂が群をなす、 ひとつの巣箱の中の選ばれた女王蜂のみに与えられる 専用の食物です。ロ-ヤルゼリ-は蜂蜜とは比較にならないほど多くのビタミン類、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれています。

特長のある成分として、皮脂分泌調節機能のあるドロキシ-2-デセン酸をはじめ、パロチン様物質、アセチルコリン、インスリン合成に不可欠な亜鉛というミネラルが挙げられます。その他、まだ分析されていないR物質がロ-ヤルゼリ-の効果を解くカギを握っていると考えられています。蜜蜂の群に君臨する女王蜂は、 雌蜂の幼虫の時に働き蜂が与えるこのロ-ヤルゼリ-のみを食べます。

その結果、 大きさは蜜蜂の約3倍、 寿命は約40倍、1日に1500~2000個の卵を毎日産み続ける産卵能力を持つ蜂へと成長するのです。この女王蜂の持つ驚異的な生命力の源こそ、ロ-ヤルゼリ-なのです。ワカサエイド【美的】は最大限の安定性を維持するために、冷凍乾燥を施しており、人間が入手可能なローヤルゼリーの中では最高品質の製品です。

◎効能認識
滋養強壮=良質バンパク質を高純度で含み、アミノ酸ビタミンB群が豊富とは解明されてる。
肌の老化防止=類パロチンというホルモン仕様物質で細胞健活作用老化を防ぐ働きをする。
気力低下防止=体力を増進するバリンが「やる気促進」・健康活動・美的活動
食欲促進=善玉コレステロ-ルを増やすパントテン酸が豊富。
ガン予防=ロ-ヤルゼリのみ含まれる希少栄養素脂肪酸のデセン酸で、抗ガン作用がある。
デトックス=必須アミノ酸メチオニン含有し肝臓の解毒作用を高める.。

栄養成分表示[1包]
■ヒアルロン酸
■すっぽんコラーゲン
■コエンザイムQ10
■ビタミンE
■ローヤルゼリー

.jpg000715_li.jpg.jpg010865_li.jpg002598_li.jpg002000_li.jpg

 

商品名: 美的
【ワカサエイド】
原材料名

ヒアルロン酸
すっぽんコラーゲン
コエンザイムQ10
ビタミンE
ロ-ヤルゼリ-

内容総量 30包
摂取量 1日(目安)1包
保存方法 高温多湿・直射日光を避けて
保存してください。
商品番号: BT-1
   
単価: ¥6,980 tax込¥7,538
備考: 化粧箱ご希望者のみ

 パワ-UP¥6,980円(30包入り)tax込¥7,538 1日5粒(目安)×30日分

数量 :



●本品は特定保健用食品とは異なり消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません、補助食品です。●原材料をご参照の上、食品アレルギーある方はご使用をお控え下さい。●体調や体質によりまれに合わない場合もあります、その場合はご使用を中止して下さい。●本品は多量に摂取されることで疾病が治癒したり増進するものでもありません。●通院中の方、服用中の方は医師とご相談の上、お召し上がり下さい。●食生活は主食・主野菜・副菜を基本にバランスよく食事されることをお勧めします。

.jpg.jpgwakasaaid_r8_c17.jpg

■元気の出る【ブログ】
   
     ↓↓↓

病気する気あらへん wakasaaid_r1_c1.jpg


ワカサエイドのコンテンツ

■商品
  • 入居のご案内
  • 管理物件のご案内
  • 管理物件のご案内
  • ベッセル甲子園の入居案内
    bessel-banner.jpg
wakasaaid_r19_c12.gif
http://www.wakasa-aid.com
管理用